町田市の葬儀社はここで決まり!葬儀社ランキング

ホーム > 葬儀とは > 様々な葬儀のやり方

様々な葬儀のやり方

 昔は葬儀というと大きな祭壇を設け、多くの参列者を募るといった形式のものが一般的でした。その形態が葬儀の基本的な形式だと考えている人も多くいるようです。しかし、よく知られているその大規模なタイプの葬儀は、明治時代以降に広まったもので、日本の伝統的な形態というわけではありません。
 また、その頃から遺体を火葬するという習慣も一般の人たちに浸透していきましたが、それも明治時代までは高貴な人たちの習慣でしかなかったそうです。そのため、現在よく知られている葬儀の形態は比較的新しいものだといことが言えるかもしれません。時代が下るにしたがって、日本人の生活スタイルや習慣というのは変化をしてきました。現在ではキリスト教をはじめ、他の宗教を信仰している人藻多くなっており、仏式で行う葬儀だけが一般的なものではなくなっているようです。

 社会的な背景なども伴い、葬儀の形態はここ20年くらいで急激に変化をしています。大規模な形態のものはあまり支持されなくなってきており、小規模なタイプのものを摂り行いたいと希望する人が増加しています。そんな消費者のニーズに応える形で、葬儀社も様々なやり方を提案してくれるようになっているようです。費用面での負担を少なくしたり、祭壇を設けなかったりと、従来では考えられなかったような形式のものも徐々に浸透しています。昔は大規模であれば良い葬儀だと考える人も多かったようです。
 しかし、最近では小規模で、参列者の人数が少なくても心を込めて故人を送り出したいと考えている人が多くなっています。そのため、故人と最後の時間をゆっくり過ごすことができるようなタイプのものが、全国的に人気となっています。

 この傾向は特に都市部で強いと言われています。そして、都市部ではより多くの選択肢が提示されているようです。日本は長寿社会を迎えており、非常に高齢で寿命を全うする人も珍しくありません。その場合、その世代も高齢になっていることが多く、友人、知人などの参列者も限られてくるため、参列者の人数限定した葬儀などはニーズに合っていると考えられます。また、葬儀というのはお金がかかってしまうものなので、故人が生前に費用の負担が少ないタイプを希望していることも多くなっています。
 現在では、葬儀に対する考え方も様々で、昔ほどその話題に対してタブー視されることもなくなっています。最後は自分らしく旅立ちたいという希望を持つ人も多く、自分で自分の葬儀の計画を立てているという人も少なくありません。その場合は葬儀社と家族とよく相談して計画を立てておくと良いそうです。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP